ダッチオーブンの使い方|日常のお手入れと簡単レシピ

ダッチオーブン(dutch oven)は、鋳鉄製のフタつきアウトドア料理用鍋(調理器具)です。ダッチオーブン一つで、焼く、揚げる、燻製、炒める、煮る、蒸す等の料理・使い方ができます。ダッチオーブンには、台所でも使用しやすいステンレス、アルミニウム合金、鋼板製があります。ロッジ社やル・クルーゼ社のダッチオーブンが有名です。このサイトではダッチオーブンについて、鍋の腐食を防止するシーズニング、日常のお手入れ、ダッチオーブンのスタンド、簡単レシピとメニュー、キャンプ料理などをご紹介します。
 

カテゴリー:パン・ピザ・ご飯・ナン

ダッチオーブンでパン

ダッチオーブンパンを作るときの材料の例です。パンの場合、材料よりも発酵が重要です。

・ドライイースト 7g
・強力粉 350g 
・塩 5g
・砂糖 3g
・40度のお湯 170cc

パンの種類によって材料は異なります。バターロール20個の材料は、

・ドライイースト 4.5g
・薄力粉 90g
・強力粉 360g
・砂糖 45g
・塩 6g
・牛乳 120cc
・水 130cc
・卵 45g(小さめの卵1個)
・バター(マーガリン) 55g


パンを作る手順1

ボールに強力粉、ドライイースト、塩、砂糖を入れ、よく混ぜます。

パンを作る手順2

40度のお湯を少しずつ入れながら、まとまってくるまでこねます。

パンを作る手順3

まとまってきたら力強くこね、耳たぶぐらいの柔らかさにするのがポイントです。

パンを作る手順4

まとまった生地をボールに入れます。ここからが重要な発酵です。

パンを作る手順5

生地が乾かないように、ぬるま湯に浸した布を固く絞ったものをかけます。ここからが1次発酵です。野外で気温が低いときには、焚き火の近くの暖かい場所だと上手くいくようです。

パンを作る手順6

1時間ほど放置すると、1.5倍〜2倍ぐらいに膨れます。好きな大きさに切り分けます(打ち粉をするとやりやすいです)。乾燥しないようにふきんをかぶせ、10分位おきます。

パンを作る手順7

その後、暖かいところで2次醗酵させます。すると生地が2倍ぐらいに膨らみます。

パンを作る手順8

あらかじめにダッチオーブンを150度ぐらいに熱しておきます。少し油を塗ったアルミホイルを敷くと焦げにくくなります。

パンを作る手順9

まず10分ぐらいは上下から熱します。熱の加減にもよりますが、30〜40分くらいで焼き上がります。焦げていないか、時々ふたを開けて確認しましょう。最後はフタの上からの熱だけで焼き上げます。
posted by oven at 19:11 | パン・ピザ・ご飯・ナン

ダッチオーブンでパエリア

ダッチオーブンパエリアを作るレシピをご紹介します。

パエリアの材料

・米2合
・タマネギ(半分)
・にんにく(なくても良いですがあったほうが美味しいです)
・好みの具(市販のシーフードミックスや鶏肉などが一般的)
・水400ccにサフランを少々入れて色を出します(サフラン水)。そのサフラン水に塩、コショウを少々入れます。
・酒は大さじ1(無くても可です)
・醤油も隠し味で少々
・バターは15g程度

パエリアの作り方は2通りあります。

(1)まずは、ダッチオーブンでどんどん炒めていくパエリアの作り方です。

パエリアの作り方1

鶏肉などの具材とにんにくをバターで炒めていきます。

パエリアの作り方2

具材を炒めた最後に米を入れ炒めます。米が透き通るくらいに炒めます。

パエリアの作り方3

具材と米にサフラン水を入れ、ダッチオーブンの蓋をします。

パエリアの作り方4

加熱は鍋の上下に熱した炭を置きます。炭の量は、上に7、下に3の割合が良いようです。15〜20分加熱します。その後、15分くらい蒸らして出来上がりです。


(2)お店で見るようなパエリアの作り方です。

パエリアのもうひとつの作り方1

まずタマネギやにんにくと具材を炒めていきます。

パエリアのもうひとつの作り方2

炒めたタマネギやその他の具材を一旦取り出します。

パエリアのもうひとつの作り方3

米をバターで炒めます。このとき米は研ぎません(洗いません)。そうしたほうが、粘り気の少ないパエリアらしいパエリアができます。

パエリアのもうひとつの作り方4

炒めた米をダッチオーブン内に平らにします。

パエリアのもうひとつの作り方5

米にサフラン水をまわしかけます。

パエリアのもうひとつの作り方6

取り出しておいた具材を戻します。このとき、具材をお店風に乗せるのがポイントです。

パエリアのもうひとつの作り方7

加熱は(1)と同じようにします。
posted by oven at 20:22 | パン・ピザ・ご飯・ナン

ダッチオーブンでご飯、ビビンバ、炊き込みご飯

ダッチオーブンでご飯も炊けます。また、炊き込みご飯なども得意なのがダッチオーブンです。

(1)まずは白米の炊き方です。

ご飯の炊き方1

まずダッチオーブンに水を入れて沸騰させます。これによってダッチオーブンの油分をなくします。そして沸騰した湯を捨てます。

ご飯の炊き方2

米を研ぎます。

ご飯の炊き方3

ダッチオーブンに米と水を入れます。水加減は米と同量です。

ご飯の炊き方4

強火で炊き始めます。下火のみです。

ご飯の炊き方5

沸騰してきたら弱火にします。20分くらいで炊き上がります。10分ほど蒸らしましょう。


(2)ビビンバ

ご飯がたけるようになったら、ビビンバは簡単です。

ビビンバの具はお好みです。醤油とごま油を適量用意します。

ビビンバの作り方1

炊き上がったご飯の上に、好みの具を載せます。

ビビンバの作り方2

ダッチオーブンの鍋肌からごま油・醤油をかけいれます。

ビビンバの作り方3

加熱します。下火のみで強火で加熱です。加熱時間の加減で、おこげも簡単にできます。


(3)炊き込みご飯

市販の炊き込みご飯のもとなどを使っても、十分楽しいものです。

簡単な炊き込みご飯は、鶏肉やゴボウ、しめじなどを使った炊き込みご飯です。

炊き込みご飯1

鳥肉やゴボウなどを水から煮ます。彩りでニンジンなどもキレイです。

炊き込みご飯2

煮えてきたらシメジなどをいれます。

炊き込みご飯3

味付けは砂糖・醤油・酒で、やや薄めにしましょう。

炊き込みご飯4

研いだ米に具材を煮込んだ汁を入れましょう。このとき具材は入れません。水加減がわかりにくくなるからです。白米を炊く時と同量の水加減にします。

炊き込みご飯5

そして具材を加え軽く混ぜます。このとき塩加減をみます。足りないようなら塩か醤油を足しましょう。

炊き込みご飯6

沸騰してきたら弱火にします。20分くらいで炊き上がります。10分ほど蒸らしましょう。
posted by oven at 03:00 | パン・ピザ・ご飯・ナン

ダッチオーブンでピザ

ダッチオーブンピザを作る時のレシピです。

ピザの材料(直径30cm2枚分)

●ピザの生地の材料
 強力粉 3カップ
 イースト 小さじ1
 ぬるま湯 1カップ
 塩 小さじ1
 砂糖 小さじ1
 サラダ油 小さじ1

●ピザのソースの材料
 ケチャップ・ニンニク・あれば赤ワイン少々
 または市販のピザソース

●ピザのトッピング
 ピザ用チーズ・好きな野菜・ソーセージなど、お好みで。


ピザ生地の作り方1

ぬるま湯にイーストを入れます。
ボールに強力粉、塩、砂糖、サラダ油、イーストを入れ、よくこねます。
強力粉は振るい器で振るうと、さらに美味しくできます。

ピザ生地の作り方2

発酵のためにボールに入れてラップをし、1時間ぐらいおきます。

ピザ生地の作り方3

生地を2等分して薄く伸ばします。

ピザソースの作り方

ケチャップ、おろしニンニクを混ぜ合わせ、あれば赤ワインも少々まぜます。
もちろん市販のピザソースでも十分です。

ピザのトッピング(具)

お好みでなんでものせましょう。

ピザの焼き方

(1)ダッチオーブンをプレヒートしておきます。

(2)アルミ箔の上にピザ生地、そしてトッピングをして、そのままピザ生地をダッチオーブンの中に入れます。

(3)ピザの焼き方ですが、ダッチオーブンの底の火加減は、鍋を温める程度です。ダッチオーブンのふたに、火種を乗せます。

(4)チーズの焦げるにおいがしてきたら、そろそろ出来上がりです。ピザを確認して生地が生だったら、下から再度加熱します。
posted by oven at 02:00 | パン・ピザ・ご飯・ナン
スポンサードリンク
ダッチオーブンの使い方 最近の記事一覧
使い方・メニュー・レシピのまとめ
ダッチオーブンの使い方 タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。