ダッチオーブンの使い方|日常のお手入れと簡単レシピ

ダッチオーブン(dutch oven)は、鋳鉄製のフタつきアウトドア料理用鍋(調理器具)です。ダッチオーブン一つで、焼く、揚げる、燻製、炒める、煮る、蒸す等の料理・使い方ができます。ダッチオーブンには、台所でも使用しやすいステンレス、アルミニウム合金、鋼板製があります。ロッジ社やル・クルーゼ社のダッチオーブンが有名です。このサイトではダッチオーブンについて、鍋の腐食を防止するシーズニング、日常のお手入れ、ダッチオーブンのスタンド、簡単レシピとメニュー、キャンプ料理などをご紹介します。
 

ダッチオーブンの手入れ

ダッチオーブン手入れは、使用した後に行ないます。鋳鉄製なので、使った後に毎回手入れをする必要があります。

●ダッチオーブンを使い始めた頃の手入れの仕方

使い始めの頃は、ダッチオーブンにまだ油が十分に馴染んでいないので、手入れは少し面倒です。

(1)ダッチオーブンを使った後、まだ温かいうちに、お湯を入れて、タワシでゴシゴシ洗います。ダッチオーブンが熱いときに水をかけては絶対にいけません。鋳鉄製のダッチオーブンは、急激な温度差に弱いからです。最悪の場合、ダッチオーブンが割れることもありますので、注意して手入れしてください。

(2)ダッチオーブンを火にかけて、水気を完全に蒸発させます。

(3)水気が無くなったら、そのまま火にかけておきながら、ダッチオーブンの全体(表面・裏面とも)に油を2〜3度塗って、少し焼きます。

(4)火を止めます。少し待ってダッチオーブンが完全に冷める前に、全体の余分な油を拭き取ります。

以上が、ダッチオーブンを使い始めた頃の手入れの仕方です。

●ダッチオーブンが少し馴染んできた頃の手入れの仕方

ダッチオーブンをある程度使っていると、油が馴染んできて手入れに手間がかからなくなります。

(1)ダッチオーブンを使った後、まだ温かいうちに、お湯を入れて、タワシでゴシゴシ洗います。ダッチオーブンが完全に冷めてしまってからであれば、水で洗っても構いません。

(2)火にかけて、水気を完全に蒸発させます。

(3)水気が無くなったら、ダッチオーブンの全体(表面・裏面とも)に油を薄く塗り込みます。

以上が、ダッチオーブンが少し馴染んできた頃の手入れの仕方です。
スポンサードリンク
ダッチオーブンの使い方 最近の記事一覧
使い方・メニュー・レシピのまとめ
ダッチオーブンの使い方 タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。