ダッチオーブンの使い方|日常のお手入れと簡単レシピ

ダッチオーブン(dutch oven)は、鋳鉄製のフタつきアウトドア料理用鍋(調理器具)です。ダッチオーブン一つで、焼く、揚げる、燻製、炒める、煮る、蒸す等の料理・使い方ができます。ダッチオーブンには、台所でも使用しやすいステンレス、アルミニウム合金、鋼板製があります。ロッジ社やル・クルーゼ社のダッチオーブンが有名です。このサイトではダッチオーブンについて、鍋の腐食を防止するシーズニング、日常のお手入れ、ダッチオーブンのスタンド、簡単レシピとメニュー、キャンプ料理などをご紹介します。
 

ダッチオーブンのシーズニング

ダッチオーブンは、シーズニングをしてから使います。新品のダッチオーブンには、その鋳鉄の表面に微小な穴が無数にあるからです。

シーズニングとは、ダッチオーブンを初めて使う前に慣らし使用することによって、その微小な穴を油で埋め、表面を滑らかにする作業のことです。

シーズニングをすると、ダッチオーブンにカスがたまったり焦げ付いたりするのを防ぐことができます。

まず、購入したばかりのダッチオーブンは、下記のシーズニングを行ってください。


●ダッチオーブン本体のシーズニング

(1)ダッチオーブンをお湯で洗います。これは、ワックスやコーティングを洗い落とすためです。

(2)ダッチオーブンに油(無塩バター、ピュアオリーブオイル、高純度ゴマ油のいずれか)を入れて、ネギ・ショウガなどの香りの強い野菜を、じっくりていねいに炒めます。

(3)炒めた野菜はそのまま捨ててください。絶対に食べないこと。

(4)ダッチオーブンに残った油を、タオルなどできれいに拭き取ります。

(5)上記(2)〜(4)をもう一度行なえば、本体のシーズニングは完了です。


●ダッチオーブンの蓋のシーズニング

(1)ダッチオーブンの蓋を洗剤で洗います。洗剤は研磨剤が入っていないものを使ってください。

(2)ダッチオーブンの蓋に薄く油(無塩バター、ピュアオリーブオイル、高純度ゴマ油のいずれか)を塗って、ガスコンロで温めます。ガスは弱火〜中火で、時間は5分程度でOKです。

(3)ダッチオーブンの蓋に残った油を、タオルなどできれいに拭き取ります。

(4)上記(2)〜(3)をもう一度行なえば、蓋のシーズニングは完了です。


シーズニングを1度行なっただけで、ダッチオーブンのコンディションが完璧になるというわけではありません。

これからダッチオーブンを使い続けていくことによって、徐々に料理の際の油がしみ込んでいき、より焦げにくく、より使いやすい鍋に育っていくのです。
スポンサードリンク
ダッチオーブンの使い方 最近の記事一覧
使い方・メニュー・レシピのまとめ
ダッチオーブンの使い方 タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。