ダッチオーブンの使い方|日常のお手入れと簡単レシピ

ダッチオーブン(dutch oven)は、鋳鉄製のフタつきアウトドア料理用鍋(調理器具)です。ダッチオーブン一つで、焼く、揚げる、燻製、炒める、煮る、蒸す等の料理・使い方ができます。ダッチオーブンには、台所でも使用しやすいステンレス、アルミニウム合金、鋼板製があります。ロッジ社やル・クルーゼ社のダッチオーブンが有名です。このサイトではダッチオーブンについて、鍋の腐食を防止するシーズニング、日常のお手入れ、ダッチオーブンのスタンド、簡単レシピとメニュー、キャンプ料理などをご紹介します。
 

ダッチオーブンの使い方の基本

ダッチオーブン使い方の基本をご紹介します。ダッチオーブンという名前からいろいろな使い方を想像しますが、なんていうことはない、蓋つきの肉厚の鋳鉄製の鍋です。

しかし、ダッチオーブンの重厚で簡単な構造と、焚火に放り込んでおける使い方と頑丈さに、心が引き寄せられます。

ダッチオーブンは、使い込むうちに黒光りしはじめ、やがてブラック・ポットへと成長していきます。

ダッチオーブンは、その昔、アメリカの開拓時代のカウボーイ達には必需品で、使い方としてはアウトドア料理専用の鍋だったそうです。

ダッチオーブンの魅力は、普通の鍋とは違って、『焼く・炒める・煮る・蒸す・揚げる』といった様々な使い方ができることです。当然、料理のバリエーションも豊富になります。

しかも、ダッチオーブンのフタには、あるていどの重量があります。ですから、中身が沸騰したりしても、フタが持ち上がってしまうことがほとんどありません。つまり、圧力鍋と同じような使い方ができます。

また、フタの上に炭を乗せることもでき、ダッチオーブンの上からも熱を加えるという使い方もできます。

このフタによって、時間がかかるシチューなどを、早くおいしく作る事ができます。

さらに、ローストチキン、ローストビーフ、パン、ケーキ、燻製などを作る、という使い方までできるのです。

しかも、どれもとっても美味しくでき上がります。これが、ダッチオーブンのパワーであり、魅力です。
スポンサードリンク
ダッチオーブンの使い方 最近の記事一覧
使い方・メニュー・レシピのまとめ
ダッチオーブンの使い方 タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。