ダッチオーブンの使い方|日常のお手入れと簡単レシピ

ダッチオーブン(dutch oven)は、鋳鉄製のフタつきアウトドア料理用鍋(調理器具)です。ダッチオーブン一つで、焼く、揚げる、燻製、炒める、煮る、蒸す等の料理・使い方ができます。ダッチオーブンには、台所でも使用しやすいステンレス、アルミニウム合金、鋼板製があります。ロッジ社やル・クルーゼ社のダッチオーブンが有名です。このサイトではダッチオーブンについて、鍋の腐食を防止するシーズニング、日常のお手入れ、ダッチオーブンのスタンド、簡単レシピとメニュー、キャンプ料理などをご紹介します。
 

ダッチオーブンのメンテナンス

ダッチオーブンの使い方で重要なのがメンテナンスです。

使い始めにダッチオーブンのシーズニング(慣らし)が必要なように、使った後の手入れが不可欠です。

ダッチオーブンの手入れを怠ると、錆びができてしまいます。錆びない事こそ、ダッチオーブンを使いこなすコツと言えるでしょう。

ダッチオーブンを使った後の手入れ(メンテナンス)の基本は、以下の通りです。

メンテナンス1

料理が残っていたら必ず取り出します。そのままにしていると、料理に臭いがでてきたりします。また錆びの原因になります。

メンテナンス2

料理を取り出した後、ダッチオーブンが冷め切らない内に、お湯を入れます。ちなみに、急激な温度変化をダッチオーブンは嫌いますので、お湯です。

メンテナンス3

ダッチオーブンにこびりついた汚れを落とすために、火にかけます。もちろん天火はなくても良いです。下火だけで大丈夫でしょう。

ここで重要なのが、ダッチオーブンには食器洗いの洗剤は使用してはいけないということです。食器洗剤が厳禁です。シーズニングの時には食器洗剤を使いますが、その後は使いません。

メンテナンス4

ダッチオーブンにこびり付いた汚れは、木のヘラなどで取り除きましょう。

メンテナンス5

ダッチオーブンの湯を捨てて、洗い終わります。そしてダッチオーブンを空焚きします。ダッチオーブンが乾燥したら、オイル(オリーブオイルが良いようです)を塗り、また空焚きをします。オイルを塗ったままだとべたつきますので、空焚きしましょう。


ダッチオーブンは自然に冷まして収納しましょう。収納する時の注意点は、蓋をしめないということです。

湿気がこもらないように注意して、新聞紙などをダッチオーブン内に入れたり、蓋をずらして保管しましょう。
スポンサードリンク
ダッチオーブンの使い方 最近の記事一覧
使い方・メニュー・レシピのまとめ
ダッチオーブンの使い方 タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。