ダッチオーブンの使い方|日常のお手入れと簡単レシピ

ダッチオーブン(dutch oven)は、鋳鉄製のフタつきアウトドア料理用鍋(調理器具)です。ダッチオーブン一つで、焼く、揚げる、燻製、炒める、煮る、蒸す等の料理・使い方ができます。ダッチオーブンには、台所でも使用しやすいステンレス、アルミニウム合金、鋼板製があります。ロッジ社やル・クルーゼ社のダッチオーブンが有名です。このサイトではダッチオーブンについて、鍋の腐食を防止するシーズニング、日常のお手入れ、ダッチオーブンのスタンド、簡単レシピとメニュー、キャンプ料理などをご紹介します。
 

ダッチオーブンを使う前に

ダッチオーブンを初めて使う前にする慣らしがシーズニングです。つまり、シーズニングしないとダッチオーブンは使えません。

それぞれのメーカーによって、シーズニングの方法は異なるようです。

一般的なシーズニングは、ダッチオーブンを食器洗剤で洗い、洗い終わったらダッチオーブンにお湯(水からでもいいです)を入れ沸騰させます。

沸騰するとワックスが出てきますので、洗い流して自然乾燥させます。自然乾燥させるのは、急激な温度変化はひび割れ(クラック)の原因となるからです。注意しましょう。

自然乾燥したダッチオーブンに、オリーブオイルを隅々まで薄く丁寧に塗ります。そして弱火にかけて、オリーブオイルを馴染ませていきます。

その後、ダッチオーブンでくず野菜を炒めて臭い取りをすれば、シーズニングは完了です。

このように、鉄製のダッチオーブンにはシーズニングが必要です。

しかし、ステンレス製のダッチオーブンであれば、シーズニングは不要です。ステンレス製のダッチオーブンは、錆びの心配もないことから人気です。
スポンサードリンク
ダッチオーブンの使い方 最近の記事一覧
使い方・メニュー・レシピのまとめ
ダッチオーブンの使い方 タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。