ダッチオーブンの使い方|日常のお手入れと簡単レシピ

ダッチオーブン(dutch oven)は、鋳鉄製のフタつきアウトドア料理用鍋(調理器具)です。ダッチオーブン一つで、焼く、揚げる、燻製、炒める、煮る、蒸す等の料理・使い方ができます。ダッチオーブンには、台所でも使用しやすいステンレス、アルミニウム合金、鋼板製があります。ロッジ社やル・クルーゼ社のダッチオーブンが有名です。このサイトではダッチオーブンについて、鍋の腐食を防止するシーズニング、日常のお手入れ、ダッチオーブンのスタンド、簡単レシピとメニュー、キャンプ料理などをご紹介します。
 

南部鉄のダッチオーブン

南部鉄のダッチオーブンが、岩手県奥州市にある及源鋳造株式会社から販売されています。

これは日本が誇る南部鉄で作ったダッチオーブンで、アウトドアクッキングアドバイザー菊池冨二夫さんと及源(株)によって作り出されました。

及源鋳造株式会社の南部鉄ダッチオーブンの種類は、

●ダッチオーブン天火 片手24cm(ノーマルスキレット内径24cm 深さ6cm)
200V IHクッキングヒーター対応できます。¥15,750(税込金額)

●ダッチオーブン天火 片手24cm(グリルスキレット内径24cm 深さ6cm)
200V IHクッキングヒーター対応できます。¥15,750(税込金額)

※グリルスキレット・・・蓋の内側は、焼肉用のグリルです。

●ダッチオーブン天火 片手20cm(内径20cm 深さ8.5cm)
200V IHクッキングヒーター対応できます。¥9,450(税込金額)

●ダッチオーブン天火 両手26cm(内径26cm 深さ13cm)
蓋はひっくり返せばフライパンとして使えます。深さはチキンが丸々入る13cmあります。シーズニングも不要です。また、ダッチオーブンの足が不要な場合、相談にのってくれるそうです。¥21,000(税込金額)

●ダッチオーブン天火 両手22cm(内径22cm 深さ11.5cm)
アウトドア用のダッチオーブンより小ぶりです。¥15,750(税込金額)

●天火ホットサンドメーカー(縦14.3cm横12.3cm全長41.7cm)
¥4,725(税込金額)

などです。

天火とは、上からも加熱できるように、蓋の上に炭などの火種を乗せることができることです。

片手・両手とは、持ち手の形状のことです。

IHとは、Induction Heatingのことです。電磁誘導加熱とも呼ばれます。

IH加熱は発生した磁力線が鍋底を通過するときに、電気抵抗で鍋自体が発熱する仕組みだそうです。安全性も高く消し忘れなどはなくなります。

南部鉄器で作られたダッチオーブンは、家庭でも使いやすく人気の商品です。

また、及源鋳造株式会社はオーダーも受け付けており、自分だけのダッチオーブンも夢ではありません。

新潟県三条市に本社がある株式会社スノーピークが販売しているのが、和鉄ダッチオーブンです。

ダッチオーブンはIHに対応していて、24cmと28cmのサイズで商品展開されています。

この会社は、アウトドア関係やフィッシング関係の商品を出しています。
スポンサードリンク
ダッチオーブンの使い方 最近の記事一覧
使い方・メニュー・レシピのまとめ
ダッチオーブンの使い方 タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。