ダッチオーブンの使い方|日常のお手入れと簡単レシピ

ダッチオーブン(dutch oven)は、鋳鉄製のフタつきアウトドア料理用鍋(調理器具)です。ダッチオーブン一つで、焼く、揚げる、燻製、炒める、煮る、蒸す等の料理・使い方ができます。ダッチオーブンには、台所でも使用しやすいステンレス、アルミニウム合金、鋼板製があります。ロッジ社やル・クルーゼ社のダッチオーブンが有名です。このサイトではダッチオーブンについて、鍋の腐食を防止するシーズニング、日常のお手入れ、ダッチオーブンのスタンド、簡単レシピとメニュー、キャンプ料理などをご紹介します。
 

ダッチオーブンの素材とメーカー

ダッチオーブンとは、キャンプやアウトドアで、キャンプ料理・アウトドア料理を作るときに、バーベキューと並んでよく使われる鉄製の鍋です。

ダッチオーブンはアウトドアだけではなく、家庭でも使う人が多いそうです。ダッチオーブンは、家庭のキッチンでも使うことができるからです。

家庭のコンロでダッチオーブン料理を楽しんだり、庭で七輪で楽しんだりと、アイディア次第です。

炭をおこすのも楽しみなダッチオーブンです。ダッチオーブンの素材は、鉄、ステンレス、アルミなどがあります。

下から普通に加熱したり、蓋の上に炭を置いて上火(天火)からも加熱したりで、料理のレパートリーも広がります。

ダッチオーブンのメーカーには、ユニフレーム【uniflame】、ロッジ(ロッヂ)【lodge】、キャプテンスタッグ【captainstag】(通称キャプテン)、gz G-ステンレス(通称GステンレスやG-ステンレスと呼ばれる)、ロゴス【logos】、ハーマンなどがあります。

ユニフレーム


ロッジ


キャプテンスタッグ


G-ステンレス


ロゴス


ハーマン

ユニフレームは、ユニフレームの10インチダッチオーブンや、ユニフレーム・シーズニングキャニスターなどが特に有名です。

ユニフレームの10インチダッチオーブン


ダッチオーブンのサイズは、6インチ、8インチ、10インチ、10インチディープ、10インチスーパーディープ、12インチなどが一般的です。
スポンサードリンク
ダッチオーブンの使い方 最近の記事一覧
使い方・メニュー・レシピのまとめ
ダッチオーブンの使い方 タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。