ダッチオーブンの使い方|日常のお手入れと簡単レシピ

ダッチオーブン(dutch oven)は、鋳鉄製のフタつきアウトドア料理用鍋(調理器具)です。ダッチオーブン一つで、焼く、揚げる、燻製、炒める、煮る、蒸す等の料理・使い方ができます。ダッチオーブンには、台所でも使用しやすいステンレス、アルミニウム合金、鋼板製があります。ロッジ社やル・クルーゼ社のダッチオーブンが有名です。このサイトではダッチオーブンについて、鍋の腐食を防止するシーズニング、日常のお手入れ、ダッチオーブンのスタンド、簡単レシピとメニュー、キャンプ料理などをご紹介します。
 

ダッチオーブンでパン

ダッチオーブンパンを作るときの材料の例です。パンの場合、材料よりも発酵が重要です。

・ドライイースト 7g
・強力粉 350g 
・塩 5g
・砂糖 3g
・40度のお湯 170cc

パンの種類によって材料は異なります。バターロール20個の材料は、

・ドライイースト 4.5g
・薄力粉 90g
・強力粉 360g
・砂糖 45g
・塩 6g
・牛乳 120cc
・水 130cc
・卵 45g(小さめの卵1個)
・バター(マーガリン) 55g


パンを作る手順1

ボールに強力粉、ドライイースト、塩、砂糖を入れ、よく混ぜます。

パンを作る手順2

40度のお湯を少しずつ入れながら、まとまってくるまでこねます。

パンを作る手順3

まとまってきたら力強くこね、耳たぶぐらいの柔らかさにするのがポイントです。

パンを作る手順4

まとまった生地をボールに入れます。ここからが重要な発酵です。

パンを作る手順5

生地が乾かないように、ぬるま湯に浸した布を固く絞ったものをかけます。ここからが1次発酵です。野外で気温が低いときには、焚き火の近くの暖かい場所だと上手くいくようです。

パンを作る手順6

1時間ほど放置すると、1.5倍〜2倍ぐらいに膨れます。好きな大きさに切り分けます(打ち粉をするとやりやすいです)。乾燥しないようにふきんをかぶせ、10分位おきます。

パンを作る手順7

その後、暖かいところで2次醗酵させます。すると生地が2倍ぐらいに膨らみます。

パンを作る手順8

あらかじめにダッチオーブンを150度ぐらいに熱しておきます。少し油を塗ったアルミホイルを敷くと焦げにくくなります。

パンを作る手順9

まず10分ぐらいは上下から熱します。熱の加減にもよりますが、30〜40分くらいで焼き上がります。焦げていないか、時々ふたを開けて確認しましょう。最後はフタの上からの熱だけで焼き上げます。
posted by oven at 19:11 | パン・ピザ・ご飯・ナン
スポンサードリンク
ダッチオーブンの使い方 最近の記事一覧
使い方・メニュー・レシピのまとめ
ダッチオーブンの使い方 タグ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。